メモ

3Dスキャン面白いなぁという話

3Dスキャン(複数写真から生成する3Dモデル。呼び方3Dスキャンでいいのかなぁ。)面白い。具体的には、谷口暁彦と山内祥太、あとノガミカツキか。 思うに、3Dスキャンを見ることって、絵画しか知らなかった人間がはじめて写真を見た経験に近いのではない…

キュレーションについて

雑然と書くけれど。(基本的にはキュレーターには直接伝えている内容である) 世界制作のプロトタイプ展始まる前には、2万字コンセプトからも、前回のwave展からも、あんまり何が言いたいとか無いんだろうなぁという風に見ていた。色々引用されても、頭よさ…

無人島にてを見て彫刻的とは何なのかとつらつら考えた。

京都に行き、「無人島にて」を見たのだけど、「彫刻充したぜぇ〜」という気持ちにならなかった。そこで、彫刻的な鑑賞体験(というか、彫刻充したぜ、という満足感のもと)とはなんなのかな、と考えたのだけど、やはり、一望できなさ、なんだろうなと思った…

黒瀬陽平『情報社会の情念』を読んだ。

黒瀬陽平『情報社会の情念』を読んだ。とりあえず、梅ラボについて、 「キャラクターのおばけ」だけを使って絵を描くことのできる唯一の作家」 としているにも関わらず、何故、「キャラのおばけ」性を自ら引き寄せることなく、直截的にキメこながコピペされ…

【地震】無事です。情報について雑感など

3月11日午後2時46分ごろに地震がおきました。東川口の小学校で授業後の片づけ中で、その後反省会予定でしたが、中止。サイゼで電車復旧待っていましたが、予想以上に被害が大きいようだったので、友人宅へ避難。真夜中に緊急地震速報でおこされる。 翌日12日…

おえかきパラメータ仮説について まとめてみる

1〜8のパラメータを出しましたが、よくよく考えてみると「まず絵のテーマやイメージを考える」という過程があって、サイズ的に考えると「全体」「キャラやモノ」「細部のディティール」くらいに分けて「線」「色」それぞれを考えて、仕上げていく。という…

おえかきパラメータ(仮説) 実践編4

続き。 おえかきパラメータ(仮説) 理論編 - 隣の誰かと遠くのあなたを 6.構図 7.シーン描写力 今回はまとめて。 シーンとしては、「ジムに襲いかかるザク」という感じ。構図としては、より「ザク→ジム」という感じを出したいので、ジムをよりカメラに…

おえかきパラメータ(仮説) 実践編3

続き おえかきパラメータ(仮説) 理論編 - 隣の誰かと遠くのあなたを5.質感描写力 パイプの金属光沢の感じに注目していただけると。 これを一つの項目にするのもちょっと違う感じもします。 金属や布、肌の色の使い方の違いはあるけれども、キャラに関し…

おえかきパラメータ(仮説) 実践編2

続き。 おえかきパラメータ(仮説) 理論編 - 隣の誰かと遠くのあなたを3.三次元描写力 三次元的に不自然に感じさせずに描く。 (違和感が無ければ絵としてはOK。三次元的に正しい→絵としてよいにはならない。)4.色彩 大昔の絵を改変してみました。一応…

おえかきパラメータ(仮説) 実践編1

続き。 おえかきパラメータ(仮説) 理論編 - 隣の誰かと遠くのあなたを 1.きれいに描く 線を重ねたり、ずれたり、はみ出したりしたところを、きれいに線を引く、など。 2.魅力あるフォルムを描ける これより、大河原版とカトキ版の違いと言った方が通じ…

おえかきパラメータ(仮説) 理論編

これ。 お絵描きパラメータ 「きれいに描ける」「魅力あるフォルムを描ける」「三次元的描写力」「色彩的能力」「質感描写力」「構図的能力」「シーン描写力」「ヴィジュアルリソースへのアクセス能力」とあと「鑑賞の能力」は当然必要なんだけど、「視覚的…

シャツ直した

長く着ているシャツの襟がぼろくなってきたので、直したよ。 ていうか、布を買ってきてあてただけ。 こんなんです。 前から。 うしろから。 襟の形に合わせて布をあててるだけです。 よく観察してみると、シャツって立体的になるように組み立てられていて面…

高校の頃の、あれはよくある麻薬、覚醒剤反対の授業の一環で、元常習者の話を聞くというものがあった。 自助グループで活動しているという人物で、確か三名来たように思うけれど、ひとりが若めの女性で、ひとりが40くらいの男性で、あと一人は全く覚えてない…

2009-01-21 - media debugger この結論は、勘弁してくれ、と思う。忙しい一週間でした - 内田樹の研究室 文学→芸術としても読める(当たり前?) いまだに文学というものをよく分かっていない、のだけど。http://d.hatena.ne.jp/eyck/20090202 「吐いた」か…

メモです。

Freezing Point理論と(臨床という)実践をしっかりと橋渡ししていて、地に足がつきつつ、誠実に、しっかりと活動していて、しかもそれが美術批評とも接続してる。 見習いたいです。

リアルのゆくえ 雑感2はてなを追いながら。

トライヴ/リアル/サバイヴ――『リアルのゆくえ』から - 絶倫ファクトリー財の公共圏と言論公共圏が別であると言っても、日本の政治は、実際に財の公共圏でもあることは明白であるわけで、そういった意味で公共性はあり得る。サロン的なものがなかったとしても…

リアルのゆくえ 雑感

東浩紀と大塚英志の対談集、リアルのゆくえ 読み終わった。大塚英志の話を初めて読んだけど、とても説得的で驚かされる。一方で、東浩紀との話の噛み合ってなさがすごい。対談する気が無いとしか思えない。途中で辞めればいいのに、って場面が一杯ある。他者…

偽マンガ

僕たちは損なわれた子らだ。 しかし(困ったことに)、損なわれなかった「本来の姿」はどこにもないんだ。

課題メモ

人権の啓発ポスター、のヴィジュアルを考える。ことでVCDを考える、授業。某代理店の背広を着たオジサン方が毎回来る。まだ第一回を終えたところ。 割と多くの人が、うーん、人権かぁー、と思うのだろうけれど、ビールのCMに女性が登場したり、旅行のCMに男…

正しい選択とは何か。

“正しさ”“正しい選択”とは何か。それは適切な結果をもたらす行動といえばよいだろうか。たとえるならば、病気を治すために手術をするのか、霊感商法に引っかかって壷を買わされるのか、という違いだ。 しかし、この寓話からはいくつかの議論が見出されるだろ…

作り手としての私、消費者としての私

の「幸運な統合」あるいは「コンフリクト」

全記録化

webの履歴って何で消えてしまうんだろ。何かを考えていたとき自分が何を見ていたか手繰れれば色々と思い出せてよいのに。本人より生々しいデータ。 そのうちデータこそが今の自分を規定しだすのだろうけど。 そうするとデータと無関係な自分というものが露出…

よっし、閉じていたところから、開くぞ! (健全に生きるために?)

単語

ろくでもない

にへい

ABARA上下買いました。微妙。まだたんない。やっぱりブラム買わないとだめなのか。ABARA (上) (ヤングジャンプコミックス)作者: 弐瓶勉出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/05/19メディア: コミック購入: 9人 クリック: 32回この商品を含むブログ (95件) を…

大学ももう2年目で、進路とかについての考えをずらずらメモ。

・教職過程はこれ以上やっても、あとは本当に教員になるための勉強にしかならないなーという感じ。本当に教員になるのか? ・社会学的知見、哲学的知見を、芸文の中で磨き切る場を見つけないとまずい。理論系に行くならば。 ・ワークショップを運営する上で…

健全さに多い尽くされた世界は不健全だ、という言葉をいただいた。 なるほど。 多様性を意識するためには、いわさきちひろばり*1にみんな違ってみんないいことを認め合えなければなぁ。と思った。つまり、健全さとは、自分の趣味をうまく露出できないでいる…

善意の狼少年が世界を喰らい尽くす。

善意という化け物を自覚せよ。飼いならせ。*1 手段を間違えるな。自分の土台は何かを見ろ。疑え。 無邪気に拳を振りかざすな。矛盾を飲み込め。2008-05-11 一方で私たちは、何をどうすれば世界はよくなるのか?という見通しを立てられない。 抽象的過ぎるし…

過剰な便利さと情報

世の中のすべてを、混沌は混沌のまま飲み込みたい、と思う一方、意図的に情報を遮断する自分に気づく瞬間がある。ロングテールの帝国 - 萌え理論ブログようするに、「過剰な便利さ」への警戒感なんだけれど、そうやって意図的に情報を回避することは、「森を…

「これを疑い始めたら、とてつもなく深いところまで沈まなければいけない」 という、警告を無視することができるのか。